toggle
日本とヨーロッパの架け橋を創るアイン株式会社
2020-04-09

オーストリア・マーケット@台東 雑貨のご紹介

台東区ふるさと交流ショップ【20/03/26~04/09【14まででしたが期間短縮させていただきました】】

 オーストリア・マーケット2020@台東 全体のご紹介にて大枠はご紹介させていただきましたが、今回展示販売させていただきましたアイテムをできる限りご紹介させていただきます。
 雑貨部門での今回の特別販売は塚本太郎氏の「ウィーンこだわり旅ブック」発売記念コーナー。
 塚本氏が出筆にあたり、オーストリア、ウィーンを旅し、取材してきた雑貨を展示販売しておりました。
 もちろん販売されていたアイテムは、「ウィーンこだわり旅ブック」に掲載されていた商品が多数。
 長年にわたり交流のある塚本氏が特別に提供してくれた雑貨の数々は大人気でしたよ。

 こちらは毎年人気の100年以上の歴史を持つ最古のスノードームメーカーと言われるPERZY社のスノードーム。
 深い歴史とスノードーム職人による手作りのあたたかさを感じるノスタルジックなPERZY社のスノードームは世界中にコレクターを持ち世代を超えて長く愛され続けています。

 こちらは、今年も子供たちや、スノードームファンの方たちがたくさん見に来てくださいました。
 というのも、すべてが手作りで同じキャラクターの物でもデザインや表情が違うのでじっくりと選んでいただけました。

 こちらはプティポワンコーナーで、18世紀のウィーンで編み出されたこの技法は、拡大鏡を用いて編み込むという細かい作業工程のもの。
 400色ほどある糸のなかからモチーフにそって選び出された、糸色の合わせ方で立体感を出します。
 マリア・テレジアもこの芸術を愛し後援した為に、一般にも広がっていったそうで、ハプスブルク家の女性たちが好んだと言われる名品達です。
 決して、お安くない商品ですがやはり女性の方たちに絶大な人気がありました。

 その他、オーストリア雑貨を一堂に集めた棚でモーツアルトやベートーベン、シシーのエリザベートシリーズを展示販売しておりました。
 今年はベートーベン生誕250周年などがあり、オーストリア旅行に行かれる予定の方が多くいらっしゃいましたが、残念ながらコロナの影響でいかれない方などがわざわざお越しくださっていました。
 また、毎年国立劇場で公演されるエリザベートも公演中止で、ファンの方がいらっしゃってくださっていました。
 何か、心の慰めになってくだされば幸いでしたが、いかがでしたでしょうか…

 こちらはスパイス・オーナメントで、南ドイツからオーストリアの山岳地帯(アルプスの麓)にかけて、古くから伝えられてきた木の実とスパイスのクラフト。
 ザルツブルクが発祥の地である事から「ザルツブルガ―アート」と呼ばれ親しまれてきました。
 自然をこよなく愛する人々が、一年中花に代わる自然を楽しめるように、華やぎのある木の実クラフトを作り出したという説もあります。
 そんなスパイスオーナメントは日本でも希少なヨーロピアンスパイスを使用した本場オーストリアからの直輸入、職人手作り。
 香り高く、販売している棚から、スパイスの香りがするので皆様に非常にご好評いただきました。

 こちらはバンビ・ポスターのコーナーでしたが、皆様小鹿のバンビがオーストリア発祥と聞いて驚いておられました。
 こちらのポスター類はすべて版権をきちんととった、オリジナルに認められている復刻版。
 こちらも日本での入手は困難で、バンビファンの方が大人買いしていかれました。
 バンビもオーストリアの文化なので今回、初登場させていただきました。

 ここまで、今回のオーストリア・マーケット2020@台東の雑貨をご紹介をさせていただきましたが各ジャンルに分けてもう少し詳しくご紹介していますので、ご興味のある方は是非ご覧くださいませ。

 ・全体のご紹介 オーストリア・マーケット2020@台東 
 ・PRのご紹介 オーストリア・マーケット2020@台東 
 ・食品のご紹介 オーストリア・マーケット2020@台東 
 
 2021年も、皆様に喜んでいただける仕掛けをできる限りやっていきますので応援宜しくお願いいたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA